Gmailを開くとき文字コードの自動判別に失敗しない方法

IE6のエンコード切り替え画面
IE6でGoogle Gmailのアドレスを直接開くと文字コードの自動判別に失敗して表示出来ないことがあります。
我が家のWindows2000+IE6では、いつもUnicodeと判定されるようで、上手く表示できません。

http://mail.google.com/mail/

上記のURLにアクセスすると場合に失敗して、画面が真っ白のままになってしまうのですが、何故か下記のようにhttpの部分をhttps(SSL)にすると文字コードの自動判別に成功します。

https://mail.google.com/mail/

この違いが何なのかはよく解らないのですが、SSLモードのほうが安全である事は間違い無いので、httpsを常用したほうが良さそうです。

また、それでも自動判別に失敗する場合は、右クリック>エンコード>日本語(自動選択) または Unicode(UTF-8) を選択すると表示できます(面倒ですけど)。

それにしてもGmailは使えば使うほど便利さを実感しますね。
強力なSPAMフィルタに洗練された操作性。もう他のメーラには戻れません。

テーマ: Gmail - ジャンル: コンピュータ