WD10EACSのレビュー

WD10EACSを縦置きしてみた
Western Digitalの1TB HDD、WD10EACSを購入して五ヶ月ほど経ったので、使用感などをレビューしてみます。

WD10EACSのスペック

容量: 1TB(1,000,204MB)
インターフェース: SATA 3Gb/s
バッファサイズ: 16MB
消費電力: 読み書き時7.4W、アイドル時4W
騒音: シーク時最大29dBA、シーク時(静穏モード)25dBA、アイドル時24dBA
ディスク回転速度: 5,400rpm (IntelliPower)
ディスク枚数: 4枚(250GBプラッタ)
幅と高さ: 通常の3.5インチHDDと同等
ラインナップ: 1TBのWD10EACSの他、750GBのWD7500AACS、500GBのWD5000AACSも有り
その他の機能: シーク速度を最適化して消費電力、ノイズ、振動を抑える「IntelliSeek」、アイドル時にヘッドを退避させ空気抵抗と消費電力を低減させる「IntelliPark」
公式サイト: WD Caviar GP 1 TB SATA ハードドライブ ( WD10EACS )


WD10EACS 本体正面回転速度について

WD10EACSは当初、ディスク回転数が5400~7200rpmの自動可変と言われていましたが、実際は5400rpm固定のようです。

7200rpmのHDDに比べ回転数低下による低発熱、低消費電力、静穏性の恩恵は、充分に実感できます。
実際、手持ちの他のHDD(HGST製など)と比較しても静かで、温度も低めです。
特に高速性を必要とされる用途には、それ相応のHDDが良いでしょうが、動画などの保存、閲覧に利用するには全く問題ないでしょう。

ベンチマーク

転送速度についてはベンチマーク等では、同世代のHDDより若干劣る数値が出ています。
しかし、実使用で特に遅くは感じません。
私は起動ドライブには使ってないのですが、もしかしたら起動ドライブには不向きであるかもしれません。

WD10EACSの裏面HD Tuneでのベンチマーク結果は下記の通りです。

HD Tune: WDC WD10EACS-00ZJB0 Benchmark
Transfer Rate Minimum : 38.0 MB/sec
Transfer Rate Maximum : 78.4 MB/sec
Transfer Rate Average : 60.9 MB/sec
Access Time : 15.2 ms
Burst Rate : 127.7 MB/sec
CPU Usage : 4.1%

使用環境
マザーボード:GIGABYTE GA-P35-DS4 rev2.0 (BIOS F7)
チップセット:Intel P35 + Intel ICH9R
ICH9R側のSATAにWD10EACSを接続
AHCIモード、Intelドライバで使用

トラブルと対処法

GIGABYTEのGA-P35系やGA-X38系などのマザーボードに付いているGSATAにWD10EACSを接続すると、HDDを正しく認識出来ない場合があるようです(未確認)。
BIOSのアップデートで1TB以上のHDDに対応というのが有りましたので、恐らく最新BIOSでは解決されている問題だとは思いますが、ICH9R側のSATAに接続したほうがより無難ではないかと思います。
なお、誤認識によりHDD容量がおかしくなった場合は、つなぎ直してローレベルフォーマットで直るそうです(もちろん中身は消えます)。

また、細かいことですが、WD Caviar GPシリーズはSATA専用モデルの為か4pin電源コネクタ無くSATA電源のみですので、古いPC等で利用される場合はケーブルの確保もお忘れなく。

ジャンパスイッチ

WD10EACSのジャンパ設定

WD10EACSの端子部HDDのジャンパ設定欄を接写してみました。
右(写真左)から順にSSC有効、PUIS有効、1.5GB PHYのようです。
1.5GB PHYというのは1.5Gbpsモード固定への切り替えでしょうか(未確認)。
PUISはPower Up in Standbyの略で、電源投入時にHDDを回転させない(スタンバイ状態で起動する)モードのようですが、使うことは無いでしょう。

販売価格

私は2007年10月下旬に30,000円弱で購入しましたが、発売直後は45,000円もしたWD10EACSも今や8,000円前後と、非常にお手ごろな価格になってまいりました(2008年12月現在)。
静穏で低消費電力でありながら大容量を手頃な価格で実現出来るWD10EACS、WD10EADSは、個人的に一押しです。

関連情報

『WD10EACS』買ってみた ベンチマーク結果等
WD10EACS-00D6B0のディスク回転速度はどうなっているのか 回転数の検証

テーマ: 自作・改造 - ジャンル: コンピュータ

コメント

>最初は、回転数が切り替わる時に僅かな引っ掛かりを感じていましたが、慣れたせいか最近は感じません。

本当ですか?本当に回転数が切り替わるのを感じましたか?
・・・5400rpm固定らしいですけど?

  • 2008/04/25(金) 04:46:50 |
  • URL |
  • とーりすがり #.CrdjIM.
  • [ 編集]

回転速度可変については間違いでしたので、修正させて頂きました。
ご指摘有難う御座いました。

  • 2008/12/20(土) 22:21:34 |
  • URL |
  • じゅじゅ #-
  • [ 編集]

読み込みが一瞬遅れる感じがしたので、調べている者です。
IntelliParkのせい?なのかな

  • 2013/12/30(月) 23:58:30 |
  • URL |
  • 通りすがり #-
  • [ 編集]

> IntelliParkのせい?なのかな

今更ですが、恐らくはIntelliParkによるヘッド退避の影響だと思います。
IntelliPark搭載のHDDは、デフォルトではアクセスが無い状態が8秒継続するとヘッド退避するように設定されており、通常の方法では変更できません。
変更するツールはありますが正常動作する保証はないので悩ましい所です。
「IntelliPark」で検索すればそのあたりの詳細がヒットするはずです。

  • 2016/03/30(水) 06:16:57 |
  • URL |
  • じゅじゅ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itpc.blog87.fc2.com/tb.php/51-9d4799ad
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)