msxml4-KB927978-enu.logについて

HDDのファイルを整理していた所、起動ドライブではないドライブのルートにハッシュのような名前のフォルダが作成されていて、その中に msxml4-KB927978-enu.log という見慣れないファイルが作られていた。

ファイル名からしてWindowsが自動生成したファイルっぽいのは解ったけど、そうは言っても不気味なのでググってみたら、2006年11月の月例パッチで自動生成されるログファイルとのこと。たぶんWindows2000の場合に出来るっぽい。

というわけで、とりあえずは安全なようです。
中身はUnicodeで書かれたログファイルなので、多分削除しちゃっても大丈夫そうです(確証は無し)。
似たファイル名の KB927977.log というファイルについては、[MS06-071] Microsoft XML コア サービス 6.0 用のセキュリティ更新プログラムに任意で削除できますと書いてあります。

ルートにフォルダ作っちゃうのは恐らくマイクロソフトのパッチ作成ミスだと思いますが、迷惑な話ですねえ・・(^_^;

関連情報
Kiwiの「もったいない」日記: KB927978って何?
Kiwiの「もったいない」日記: KB927978って何?(2)

テーマ: インターネットセキュリティー - ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itpc.blog87.fc2.com/tb.php/5-66d981d0
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)