少ない予算でGoogleアドワーズを始める方法

勉強の為、試しにGoogleアドワーズを始めてみました。

ご存知の方には説明の必要もないですが、Googleアドワーズはリスティング広告(または検索連動型広告)という、検索エンジン(この場合はGoogle等)の検索結果の横とか上とかに表示されてるアレに広告を載せるサービスです。

もちろん検索エンジンへの最適化(SEO)も大事なのですが、その上で更なる集客の可能性を探るとなるとリスティング広告の存在は無視出来ないものだと思います。

アドワーズを始める前はなんとなく、リスティング広告って「難しいかな」とか「自分のサイトでは使い所が無いかな」と思ってたのですが、やってみると意外と簡単で、色んな場面で活用出来そうなものである事がわかりました。
また、私のように一日あたり数百円程度の低予算でも、ある程度の効果は得られそうです。


アドワーズの場合、まず広告の文面と規定のリンク先URL、入札単価を指定して広告を作成し、その広告が表示される検索キーワードを任意の数、設定して行きます。
このとき、キーワード毎にリンク先のURLと入札単価を個別に設定する事も可能です。

入札単価とは、広告がクリックされる度にいくら支払うかの設定です。実際は上限を設定するようになるので、指定した入札単価よりも低く入札出来る場合もあります。

そしてGoogle等の利用者が検索を行った際に、こちらが指定したキーワードと合致した場合に広告が表示されます。
但し、同じキーワードに競合する広告主が複数居た場合は、基本的には高単価を付けた広告主から優先的に表示される仕組みです。

つまり、出来るだけ高単価を付けなければ上位に表示されず、目にされる機会やクリックされる機会も減るわけですが、必ずしも高単価を付けなければいけないかと言えばそういうわけでもありません。

一つの広告に対する検索キーワードは多数指定出来るので、サイトの内容に合致した(成果に結びつく可能性のある)語句の範囲内で出来るだけ多くのキーワードを指定するのが良さそうです。
そうすることで、競合する広告主の少ないキーワードも入札出来る為、最低単価付近でも広告を表示させる事が出来ます。

しかし、競合する広告主が少ないということは、それだけ検索回数自体も少ないことがほとんどですので、やはり上記の通り沢山のキーワードを指定することが大事でしょう。

但し、サイトの内容に関連性がないキーワードや、例え関連したキーワードであっても(商品の売り上げ等の)希望する成果に結びつきそうにないキーワードでは、クリックされても意味がないばかりか無駄に予算を消費してしまう原因にもなりますから、避けるべきでしょう。


Googleアドワーズの場合、入札するキーワードごとに飛び先のURLを個別に指定できます。
これはよく言われる手法ですが、例えばワインを販売するサイトであれば、個別のワイン銘柄のキーワードを、その銘柄を紹介しているページのURLで入札すると効果が高いでしょう。

検索サイトの利用者が銘柄名で検索をしているということは、その銘柄の商品に興味があったり購入したいと思っている人がほとんどでしょうから、こういったキーワードの入札手法は多くの場合有効であると思います。
また、商品カテゴリ名で入札するのも効果が高いのではないでしょうか。


とりあえずそんな感じで始めてみましたので、また気付いた点があれば後日レポートします。

始めるにあたっては、下記の記事も役立つと思います。

ゼロから始める実践SEM:敷居が高いイメージが植えつけられてる?リスティング広告


Googleアドワーズのお申し込みは、こちらから。
アカウント開設費500円+任意の広告予算で今すぐ始められます。

テーマ: SEO対策 - ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itpc.blog87.fc2.com/tb.php/29-aad0c39b
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)