CSSで画像やブロックの幅を可変にする max-widthとmin-width

max-widthmin-widthは、CSS2.1から使えるようになった要素の最大/最小幅を指定するプロパティです。 CSS3の実装が進んだ現在は、PCとスマートフォンのほぼ全てのブラウザで利用可能です。

この記事では、レスポンシブデザインに欠かせない、widthを含めた3つのプロパティの関係と、可変幅の指定方法について解説します。

max-widthとmin-width

要素(画像やブロック)に対してmax-widthで表示する最大幅を、min-widthで最小幅を指定できます。 これらのプロパティを応用することで、ブラウザの幅に連動した要素幅の可変が実現できます。

なおページ全体の幅が固定であれば、通常通りwidthのみで幅を決定したほうが描画速度的に有利です。

幅指定の優先度

要素の幅を指定するCSSプロパティは、下記のように min-widthが最も優先されます。

min-width > max-width > width

これらを指定すると、実際に表示される幅(width)はmin-widthmax-widthの間の値に制限されます。
また、3つのうちでmin-widthに最も大きな幅を指定すると、max-widthwidthにどんな値を指定しても min-widthの幅で固定になります。

widthの100%とauto

widthの100%は、親ブロックの幅に対しての100%です。 その為、画像に100%を指定すると、画像本来の幅は無視されます。

画像にwidth: autoを指定すると、ブラウザにより画像本来の幅が設定されます。

画像幅を可変にする

レスポンシブデザインでは、画像の幅をブラウザ幅の変動に合わせて可変にしたい場合があります。 CSS2.1以降はそれを可能にする方法がいくつか有りますが、ブラウザ毎の実装状況の差も有り、現時点での選択肢は限られています。

概ね下記の何れかのような指定になるでしょう。

.A {
    width: 100%;
    max-width: 500px;
    min-width: 300px;
    height: auto;
}

.B {
    width: 500px;
    max-width: 100%;
    min-width: 300px;
    height: auto;
}

.C {
    width: auto;
    max-width: 100%;
    min-width: 300px;
    height: auto;
}

Awidth: 100%で画像の幅が親要素の幅に連動するようになります。 最大幅はmax-width、最小幅はmin-widthによって制限されますので、それぞれの値に達するとそれ以上変動せず、親要素の幅は無視されます。 論理的には最も明確と言えます。

Bでは、max-widthは100%ですが、最大でもwidthの幅を超えることは無く、widthより狭い時はmin-widthの幅になるまで連動します。結果的に、Aと同様の動作になります。

CもBと近い動作で、width: autoにより画像本来の幅が最大幅になる点だけが違います。 CSS側で最大幅を制限できない為、レスポンシブデザインとの相性はあまり良くありません。

BとCの場合、MDNの解説に拠れば max-widthwidthよりも優先するはずで、最大幅は親ブロックの内側の幅になりそうですが、親ブロックが充分に大きい場合でも実際にはそうなりません (Chrome, Firefox, Edgeの何れも)。
以上から、max-widthが100%の場合、最大幅はwidthの幅になると考えて良さそうです。

min-widthは何れも任意の最小幅を指定します。ここでは300pxとしています。

heightautoと指定してブラウザによる自動計算に任せます。これで、幅が変わった時でも画像本来の縦横比を維持したまま最適な高さになります。

確認環境

2017年3月時点のFirefox及びChrome最新版(Windows)で動作確認しました。
また、Chromeによるスマートフォンのエミュレーションでもテストしました。

参考URL

テーマ: HTML&スタイルシート(CSS) - ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itpc.blog87.fc2.com/tb.php/182-66f42f32
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)