携帯には無いスマートフォンの魅力

今回はスマートフォンを中心としたコンピュータの未来について、個人的な予測を交えて書いてみます。


iPhone3GS


最近、スマートフォンからのアクセスが急増中です。
運営サイトお絵描きJPでのアクセス統計では、一年前にはほぼゼロだったAndroidのアクセスが、ここ六ヶ月では5.27%を占めるまでに急増。
同期間のiPhone 2.48%、iPod touch 0.82%、iPad 0.65%も合計すると全体の10%に迫る勢いです。
お絵描きJPはまだスマートフォン対応していないにも関わらずこの数字というのは、驚異的と言えるでしょう。

また、同期間の調査ではWindows PCからのアクセスは緩やかに、しかし確実に減少しています。
(12ヶ月前からの6ヶ月間が88.67%、最近6ヶ月間が83.46%)
Windowsのシェアは依然圧倒的ですが、短期間でこれだけ数字が変化した事は、PCからスマートフォンへの移行が進んでいる一つの証拠だと感じました。
今後もスマートフォンの普及は進み、Windowsのシェアは徐々に縮小してゆくでしょう。

友人はスマートフォンにしてから、PCをほとんど起動しなくなったそうです。
実際、僕も持ってみて、PCが不要とまでは思わないものの、PCには無い多くの魅力をスマートフォンから感じます。
PCよりもずっと画面が小さいにも関わらずです。

僕は、携帯電話(いわゆるガラケー)では、到底PCの代用にはならないと思っていました。
いったい、何が違うのでしょうか。

スマートフォンが魅力的に映る理由

携帯電話には無くて、スマートフォンにある魅力。
その最大の要因は、タッチパネルにあると思っています。

「タッチパネルなんか昔からあるじゃないか」と言われれば、確かにその通りです。
ただ、昔のタッチパネルは検出精度が悪く、操作感は良いとは言えないものでした。

近年普及が進んでおり、スマートフォンに多く採用されている「静電容量方式」のタッチパネルにより操作精度は向上し、同時に2点以上を認識できる多点検出により、操作の幅が大きく広がりました。


携帯電話には成し得なかった事

携帯電話に足りなかったもの。
それはまさに、入力装置です。

キーボードとマウスを使うPCの操作の劣化コピーとも言える携帯電話の操作は、PCに慣れたものにとっては非常にまどろっこしいものでした。
PC以上のことは出来ないにも関わらず、操作手順は確実にPCより多いのです。

その操作も携帯電話を使い慣れた人にとっては、それほど苦にはならなかったでしょう。
それでも、PCより便利と言える所は、気軽に持ち運べる事と電話が出来る事くらいだったのです。


PCには無いスマートフォンの魅力

スマートフォンの操作感は、PCとは大きく違うものです。

スマートフォンの入力装置は、ほぼタッチパネルのみです。
(他に、いくつかのボタンが付いている場合もあります)

PCにあるキーボードは、スマートフォンには当然ありませんから、文字入力に関して言えばPCのほうが適していると言えます。
スマートフォンも慣れれば快適に入力できますが、同じく慣れたキーボードの速度にはかなわないでしょう。

しかし、マウスに関して言えば話は全く別です。
スマートフォンのタッチパネルとPCのマウスは、似た面もありますが、大きく特性が違う入力装置です。

画面をタッチすることの直感性はマウスでは味わえないものですし、同時に2点以上をタッチする操作は、マウスでは不可能です。
これらの操作はスマートフォンの操作感の向上に絶大な影響を与え、素早く直感的に操作できる「使うことの楽しさ」を生み出しています。


PCのシェアを奪うスマートフォン

PCとは方向性の異なる入力装置を手に入れた事で、スマートフォンは新しいコンピュータの世界を切り開く可能性を帯びてきました。
おおげさに聞こえるかもしれませんが、実際に使っていると本当にそれくらい革新的なものだと感じます。

PCの代用品だった携帯電話とは違い、タッチパネル操作はPCには無い利便性を生み出すのです。
その結果、PCを利用する機会は徐々に減ってゆくでしょう。

特に、PCのライトユーザは、気軽に使えるスマートフォンのほうが便利であると感じるはずです。


スマートフォンとPCが住み分ける世界へ

スマートフォンに足りないものもあります。
大きなキーボード、広い画面。
これらはどうやっても、スマートフォンが手に入れられないものです。

このような事から、用途により、スマートフォンのみを使う人とスマートフォンとPCを併用する人に別れるようになるでしょう。

キーボード入力が中心の事務作業や、大画面を必要とするゲーム、あるいはより高い性能を必要とする用途には引き続きPCが使われる事になるだろうと思います。

それ以外の、ウェブブラウジング、SNS、メールやスケジュール管理、カジュアルゲームなどはスマートフォンだけでも充分に役目を果たせます。
PCでしか出来ない事を必要とするコアユーザ以外の、一般の多くの人は、スマートフォンのみを使うようになるでしょう。
特に個人用途ではそれが顕著になるのではないでしょうか。


ウェブの主流はスマートフォン向けに

ウェブサイトは今後急速にスマートフォン対応が進み、ブラウジングはほぼスマートフォンだけで不自由しない状況になると予測しています。

スマートフォンが普及し切る頃には、PCよりスマートフォンでサイトを見るユーザのほうが多くなり、サイト開発のメインターゲットはスマートフォン、よりリッチにカスタマイズしたページをPC向けに制作するのが基本になるでしょう。

また、スマートフォンに搭載されているブラウザは新しいので、ウェブの新規格であるHTML5やCSS3を使って、表現力豊かなサイトを制作できます。
ウェブサイト制作者は、現在まで制作の大きな足かせとなってきた標準規格に準拠しないブラウザ Internet Explorer(主に8以前のバージョン)との互換性を考慮する必要が無くなります。

HTML4以前の古いウェブの時代は終わり、HTML5+CSS3の時代がやってきます。
スマートフォンの普及と共に、インターネットは有史以来、最大の変革を迎えるのです。

テーマ: スマートフォン - ジャンル: 携帯電話・PHS

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itpc.blog87.fc2.com/tb.php/112-a4b2e516
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)