Wi-Fiとワイヤレスマウスの電波干渉

無線LANルータのWi-Fiとワイヤレスマウスの電波干渉のお話です。

スマホやタブレットでWi-Fiを使ってデータ転送してるとき、どうもPCのマウスの動きが重い。
もしかして電波が干渉してるのかな?と気付き調べてみたら、当たりでした。

結論から言うと、両方が2.4GHz帯を使っている場合、電波干渉によりマウスの動きが鈍くなったり、転送速度が落ちたりする事があります。
これは2.4GHz帯を使っていれば必ず起こるわけではなく、最近の機器では干渉に対する対策が施されているものが多く、あまり発生しないようです。
安価な機器や、一昔前の機器の場合は、干渉する可能性があります。

どうもマウスの動きがおかしい場合、無線LANルータが使用する電波のチャンネル設定を変更することで、解決できます。

バッファローのルータの場合は、AirStationの管理画面にログインし、無線設定タブの「基本(11n/g/b)」の中にある「無線チャンネル」を変更しましょう。
デフォルトでは自動になっており、当方では5チャンネルが選択されていました。
他社のWi-Fi機器でも、大抵は同様の設定があると思いますので、探してみてください。

マウスのWi-Fiチャンネル設定を変更できる場合はそのほうがお手軽だと思いますが、固定の場合は上記の方法で解決しましょう。

なお、Wi-Fi機器がIEEE 802.11a/n等で5GHz帯で通信している場合、この問題は起こりません。
但し、ルータ側が5GHz帯対応でもタブレットやスマートフォンが対応していない場合は2.4GHz帯を使う可能性があり、干渉が起こり得ます。

テーマ: トラブル - ジャンル: コンピュータ

Google日本語入力で勝手に英数入力になる時は

Windows 8でGoogle日本語入力を使っていて、文字入力時に度々勝手に半角英数入力モードになってしまう問題に悩まされていました。
調べてみたところ、どうやらWindows 8からデフォルトのIME制御方法が変更になった影響のようです。

この問題は、下記の設定を行う事で解決しました。


1. マウスカーソルを右上に移動して表示されるチャームから「設定>コントロールパネル」を開く。
2. 「時計、言語、および地域」の「言語」を選択。
3. 左側にある「詳細設定」を開く。
4. 「アプリウィンドウごとに異なる入力方式を設定する」にチェックを入れて保存ボタンを押す。


これで、Windows 7以前のOSと同様の動作となり、Google日本語入力の挙動も従来通りとなります。

>> "Google日本語入力で勝手に英数入力になる時は"の続き

テーマ: タイピング - ジャンル: コンピュータ