スマホの電池を長持ちさせる充電方法

デジカメのリチウムイオン電池

多くのスマートフォンや携帯電話、デジカメ等に内蔵されているリチウムイオン電池、リチウムポリマー電池を出来るだけ長持ちさせる充電方法のお話です。

一般的なニッケル水素電池やニッカド電池とは違い、リチウムイオン電池はメモリー効果が小さい為、継ぎ足し充電をしても良いというのはご存知の方も多いと思います。
しかし、可能であれば使い切ってからフル充電したほうが良いのかな?と思っていました。
ですがこれは間違いです。

より良い充電方法は、残り20%付近まで使ったら、80%付近まで充電することなのです。
つまり正しくは「継ぎ足し充電を行ったほうが良い」わけです。
えっ?って思った僕みたいな方は、下記をお読みください。

>> "スマホの電池を長持ちさせる充電方法"の続き

テーマ: スマートフォン - ジャンル: 携帯電話・PHS

携帯には無いスマートフォンの魅力

今回はスマートフォンを中心としたコンピュータの未来について、個人的な予測を交えて書いてみます。


iPhone3GS


最近、スマートフォンからのアクセスが急増中です。
運営サイトお絵描きJPでのアクセス統計では、一年前にはほぼゼロだったAndroidのアクセスが、ここ六ヶ月では5.27%を占めるまでに急増。
同期間のiPhone 2.48%、iPod touch 0.82%、iPad 0.65%も合計すると全体の10%に迫る勢いです。
お絵描きJPはまだスマートフォン対応していないにも関わらずこの数字というのは、驚異的と言えるでしょう。

また、同期間の調査ではWindows PCからのアクセスは緩やかに、しかし確実に減少しています。
(12ヶ月前からの6ヶ月間が88.67%、最近6ヶ月間が83.46%)
Windowsのシェアは依然圧倒的ですが、短期間でこれだけ数字が変化した事は、PCからスマートフォンへの移行が進んでいる一つの証拠だと感じました。
今後もスマートフォンの普及は進み、Windowsのシェアは徐々に縮小してゆくでしょう。

友人はスマートフォンにしてから、PCをほとんど起動しなくなったそうです。
実際、僕も持ってみて、PCが不要とまでは思わないものの、PCには無い多くの魅力をスマートフォンから感じます。
PCよりもずっと画面が小さいにも関わらずです。

僕は、携帯電話(いわゆるガラケー)では、到底PCの代用にはならないと思っていました。
いったい、何が違うのでしょうか。

>> "携帯には無いスマートフォンの魅力"の続き

テーマ: スマートフォン - ジャンル: 携帯電話・PHS

シート状まな板の安全性

軽くて洗いやすく、食材を鍋に運ぶ際にも便利なシート状のまな板ですが、天然素材ではなくプラスチック製ですので毒性がないかやや心配です。
毎日使いますし、食材に直接触れるものですので、安全性の高いものを使いたいですよね。

調べてみたところ、宮崎県消費生活センターのサイトにまな板シートの安全性に関する情報がありました。

宮崎県消費生活センター まな板シートより
☆表示
 全銘柄で、ほぼ家庭用品品質表示法(合成樹脂加工品品質表示規程)における「まな板」の規定に準じた表示がされていました。

☆安全性
 食品衛生法に基づく溶出試験を行ったところ、全ての銘柄で食品衛生法の基準を下回り、問題はありませんでした。
 抗菌加工をした3銘柄について、抗菌剤として使われることが多い銀の溶出がないか調べたところ、溶出は認められず、問題はありませんでした。

化学物質が全く溶け出していないわけではありませんが、少なくとも食品衛生法の基準値は下回っており、毒性についてそれほど心配する必要はなさそうです。

日本製の製品を買えば、ひとまず安心といった所でしょうか。


  


テーマ: 食と健康 - ジャンル: ヘルス・ダイエット