インターネット時刻の同期間隔

日付と時刻>インターネット時刻
Windows7やVistaの時計は、インターネットのタイムサーバ(NTP)と同期することで、一定間隔で自動補正されるようになっています。
ですが、標準ではこの間隔が1週間と長い為、PCによっては時刻の誤差が大きくなる場合があります。

自動同期間隔の調整は、設定等では出来ないようになっていますが、じつは1箇所レジストリを書き換える事で比較的簡単に調整できます。

調整手順は下記の通りです。

※レジストリエディタが何をするものかが解っている方を対象に書いています。
 レジストリの編集を誤るとWindowsの動作に問題が生じる可能性があり、その場合でも当方は責任を負えませんので、くれぐれもご注意ください。


1. レジストリエディタ(regedit.exe)を起動

2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
 \W32Time\TimeProviders\NtpClient を開く

3. SpecialPollInterval を開き、10進数で同期間隔(秒)を入力する。12時間毎の場合、43200。
 もし SpecialPollInterval が無ければ、DWORD値で新たに作成する。

4. タスクバーの時計(またはスタートメニューの設定>コントロールパネル)から「日付と時刻」の設定を開く。

5. インターネット時刻のタブにある「設定の変更」を開き、「今すぐ更新」を押し、OK。


この作業で「インターネット時刻」のタブにある「次回の同期」が設定した時間後になっていれば設定成功です。

同期間隔は小さい数値を設定するとタイムサーバに過剰な負担を強いる事になりますので、最低でも 20000以上程度に設定しましょう。


なお、正確な時刻とWindowsの時計がどの程度ずれているかは下記のサイトで確認できます。

JST Clock 情報通信研究機構によるサイト
現在の正確な時間

テーマ: Windows 7 - ジャンル: コンピュータ

Linuxのお勉強

LPI-Japan
Linuxのお勉強に最適な日本語版教科書が、なんと無料で利用できるというお話。

有名なLinuxの技術者認定資格「LPIC」を行っている団体 LPI Japanにより、Linuxのお勉強用「Linux標準教科書」が無料で公開されています。
簡単なアンケートに答えるだけで個人利用であれば無料で、日本語版「Linux標準教科書」のPDFファイルやiPadアプリ、Androidアプリをダウンロードできます。

内容は、初心者向けにLinuxの概要や基本的なコマンドから、正規表現、管理権限、ApacheやSambaについても書かれており、Linuxの基本を一通りお勉強できる内容になっています。

ダウンロードは下記のサイトからどうぞ。

Linux標準教科書|Linux技術者認定機関 LPI-Japan [エルピーアイジャパン]

実際に多くの教育機関や企業で教材として利用されている教科書だそうです。
このような勉強用テキストを無料で利用できるのは大変有用かつ有難い事ですね。

テーマ: Linux - ジャンル: コンピュータ