ガダラの豚/中島らも を読んで

アフリカの呪術を題材にした小説、ガダラの豚の書評です。
物語の核心に関わる部分ではないものの多少のネタバレを含みますので、読む予定のある方はご注意を。

まずは、あらすじ。
主人公は民俗学者の大生部教授。彼は8年前、呪術医の研究のために家族と共にアフリカの地を踏んだ。しかし間もなく、娘の志織を不運な事故で亡くす。そのことから大生部はアル中になり、妻は精神を病んでしまう。
大生部はその後もアフリカに長期滞在し帰国。滞在経験と研究成果を本に書き、図らずも世間の超能力ブームに乗ってTVに多数出演する有名人になる。妻の精神状態は回復せず、友人に誘われて、奇跡を起こすという新興宗教の信者になるが…


その後、物語の中ほどで再度アフリカに滞在することになるのだけれど、このアフリカの描写が素晴らしくて、まるで自分もアフリカにいるような気分にさせてくれるのだ。大自然と呪術、超常現象。そして実際に一昔前あった超能力ブームや新興宗教問題が、様々な示唆を含みながら実に見事にエンターテインメントとして開花している。題材としてはシリアスなものも多いが、決して暗くはない。
また、いわゆるギョーカイ関係者でもある作者が描くTV業界の内情も面白い。

中島らもさんはエッセイを多く書いており、作品にはお酒やアル中ネタが多いんだけども、ガダラの豚でも大生部教授がアル中で、その手の描写はらもさんご自身がモデルだそうだ。

惜しいのは三巻で、二巻までは文句なく面白く、緻密に無駄がなく作られているのだけど、三巻に入ると途端に大味になってしまっている。それでもやはり印象に残る作品で、読みやすく、読後感も良い。

>> "ガダラの豚/中島らも を読んで"の続き

テーマ: 書評 - ジャンル: 小説・文学