インターネット時刻の同期間隔

日付と時刻>インターネット時刻
Windows7やVistaの時計は、インターネットのタイムサーバ(NTP)と同期することで、一定間隔で自動補正されるようになっています。
ですが、標準ではこの間隔が1週間と長い為、PCによっては時刻の誤差が大きくなる場合があります。

自動同期間隔の調整は、設定等では出来ないようになっていますが、じつは1箇所レジストリを書き換える事で比較的簡単に調整できます。

調整手順は下記の通りです。

※レジストリエディタが何をするものかが解っている方を対象に書いています。
 レジストリの編集を誤るとWindowsの動作に問題が生じる可能性があり、その場合でも当方は責任を負えませんので、くれぐれもご注意ください。


1. レジストリエディタ(regedit.exe)を起動

2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
 \W32Time\TimeProviders\NtpClient を開く

3. SpecialPollInterval を開き、10進数で同期間隔(秒)を入力する。12時間毎の場合、43200。
 もし SpecialPollInterval が無ければ、DWORD値で新たに作成する。

4. タスクバーの時計(またはスタートメニューの設定>コントロールパネル)から「日付と時刻」の設定を開く。

5. インターネット時刻のタブにある「設定の変更」を開き、「今すぐ更新」を押し、OK。


この作業で「インターネット時刻」のタブにある「次回の同期」が設定した時間後になっていれば設定成功です。

同期間隔は小さい数値を設定するとタイムサーバに過剰な負担を強いる事になりますので、最低でも 20000以上程度に設定しましょう。


なお、正確な時刻とWindowsの時計がどの程度ずれているかは下記のサイトで確認できます。

JST Clock 情報通信研究機構によるサイト
現在の正確な時間

テーマ: Windows 7 - ジャンル: コンピュータ

マウス操作でスリープから復帰を無効に

Windowsのスリープ状態は大変便利なのですが、マウスがちょっと動いただけでもPCが起動してしまいます。
これでは不便なので、マウスによるスリープからの復帰を無効にする方法をご紹介します。


Windows Vistaの場合 (Windows7もほぼ同じ)

1. コントロールパネルを開く。
2. ハードウェアとサウンド>マウス で「マウスのプロパティ」を開く。
3. ハードウェアのタブにあるマウスを選択して、プロパティを開く。

ハードウェアからマウス選択

4. 全般タブにある「設定の変更」を押すとUACが起動するので、続行。(UAC有効の場合)
5. 電源の管理タブの「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックを外し、OKを押す。

マウス>電源の管理

以上の手順で任意のマウスによるスリープからの復帰を無効にできます。
また、デバイスマネージャのマウスからでも同様の設定が出来ます。


キーボードも「ハードウェアとサウンド>キーボード」から同じように無効に出来ますので、こちらもお好みで。
どちらも無効にした場合は通常、電源ボタンでスリープから復帰できます。

テーマ: パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル: コンピュータ

Vista SP1適用済みパッケージ発売&値下げ

Windows VistaにSP1を適用した新パッケージを4月25日に発売するそうです。
同時に、下記の4パッケージに限り値下げを行うとのこと。

Windows Vista Ultimate アップグレード版 SP1適用済  31,800円 → 26,800円
Windows Vista Ultimate 通常版 SP1適用済  48,800円 → 38,800円
Windows Vista Home Premium アップグレード版 SP1 適用済  19,800円 → 17,800円
Windows Vista Home Premium アカデミック アップグレード版 SP1 適用済  17,800円 → 15,800円

>> "Vista SP1適用済みパッケージ発売&値下げ"の続き

テーマ: Windows Vista - ジャンル: コンピュータ

Vista SP1のインストール

Windows Updateで「Windows Vista Service Pack 1 (KB936330)」の提供が始まっていたので、早速適用してみました。
まずは特徴などをざっとおさらいしておきます。


●Vista SP1の主な特徴

・Extended FAT(exFAT)のサポート
 FAT32の後継となるファイルシステム。16エクサバイト(約1600万TB)までのファイルをサポート。

・DirectX10.1のサポート
 最新の対応ビデオカードでは画質と性能の向上が期待出来る。

・ファイルコピー及び移動時のパフォーマンス向上
 ネットワーク経由のファイル転送等のパフォーマンスが向上。

・ネットワーク診断の新バージョン
 より正確な診断が可能に。

・GUI版のデフラグでドライブ指定が可能に
 なんとSP1以前のVistaではドライブ指定が出来ませんでした。

・BitLocker Drive Encryptionの機能拡張
 データ暗号化の一種らしい。システムドライブだけでなくデータドライブも暗号化が可能に。
 (Vista Ultimate、Vista Enterprise専用)

>> "Vista SP1のインストール"の続き

テーマ: Windows Vista - ジャンル: コンピュータ

[Vista] IMEユーザ辞書変換がIE7で出来ない問題

去年10月くらいにVistaを導入したのですが、その時に一番困ったのがIMEの挙動でした。
掲示板やGmail、mixiなんかの入力フォームで、ユーザ辞書に登録してる顔文字などを変換しようと何度やっても候補に出てこない

どこか壊れてるのかと思いましたが(^_^;、これはどうやら、VistaのIE7が保護モードで動作している為、IMEのユーザ辞書ファイルにアクセスが出来ない事で起こってしまう問題のようです。

今現在もこのバグがWindowsUpdateで修正されてないままなのかは解りませんが、非常に困った経験だったので、直す方法を書いておきます。

>> "[Vista] IMEユーザ辞書変換がIE7で出来ない問題"の続き

テーマ: Windows Vista - ジャンル: コンピュータ